盈進学園とは?概要や教育の特色などについて調査してみた

盈進学園 教育

はじめに

子供にどのような教育を受けさせるか、どんな学校に通わせるか、親御さんにとっては頭の痛い問題です。今回紹介する盈進学園は、1904年に創設された教育機関で、盈進中学校と盈進高等学校を運営しています。

盈進学園では特色ある学びを提供して、子供を独自のアプローチで育成しています。さらに、学園生活も充実していると評判です。ここでは、盈進学園の概要や教育内容などについて詳しく解説します。

盈進学園とは

盈進学園とはどのような教育機関か、概要を紹介します。まずは、建学の精神がどのようなものか見ていきましょう。

実学の体得

盈進学園は藤井曹太郎先生によってつくられました。その中で「私学盈進の魂」というものを提唱しており、それが実学の体得です。これは実社会で活躍できるような人材を育成するための教育実践を意味します。生徒がそれぞれの人生目標や夢をかなえるために困難に打ち克ち、他者を思いやる強靭な精神力を身につける教育を標榜しています。

校訓の6ヶ条

盈進学園では校訓の6ヶ条を制定しています。まずは、健康な身体と大きな将来の目標をもって、常に新しい知識を吸収していくことです。
2つ目は、何事も一生懸命かつ誠実に取り組むことです。そして、目標達成に邁進していこうというものです。
3つ目は、おおらかな気持ちを持つことです。自分の利益のみを追求するだけでなく、与えられた仕事を全うしていくという意味合いになります。
4つ目は、生活はつつましく質素倹約の精神を持ちなさいということです。そして、軽率に行動しないで慎重になって物事に取り組みましょうというものです。
5つ目は、他人を大切にすることです。それぞれの人格を尊重することで、人間的な成長を目指しましょう。
最後は何事にも快活に取り組んでいくことです。目標を見つけ、そちらに向かって着実にコツコツと前進を心がけましょう。

盈進学園の特色

盈進学園では「盈進共育」を特色にしています。建学の精神として「実学の体得」があります。こちらを現代社会に合うようにアレンジしたものが、盈進共育です。盈進共育ではいくつかの特徴があります。

授業

盈進では「授業こそ基本」を合言葉にしています。基礎学力を身につけ、学力向上することが学校生活の基本と考えています。

読書

読書の推奨を行っているのも特色の一つです。人間が生きていくためには「どう生きるか?」という哲学が必要不可欠と考えています。読書を通じて「どう生きるか?」という疑問を自分で考えるヒントを見つけるきっかけになります。

語学力

こちらは英語力とイコールと考えてください。国境を超えて連帯するためには、英語力は必要です。そこで、盈進共育では英語を重視したカリキュラムを行っているのが大きな特徴の一つです。また、授業の充実だけでなく、英検やGTECなどの受験も実施しています。その他にも、さまざまな英語行事を開催しています。

クラブ活動

教育だけでなく、クラブ活動を重視しているのも学校の特徴です。クラブ活動は、自分の潜在能力を発揮する場になりますし、仲間と協力して活動するのでコミュニケーションスキルの向上も期待できます。

eスマイル宣言

盈進共育の中で、eスマイル宣言というユニークな試みもあります。共感力の養成のことで、教職員だけでなく生徒の意見も取り入れて作られたものです。幸せな人生を歩むためには、人の悲しみや喜びに共感する力が必要です。盈進共育の基本は「ひとづくり」です。人間性を伸ばすためにも、eスマイル宣言は根幹をなす重要なものです。

盈進学園の中高一貫教育

盈進学園は盈進中学校と盈進高等学校があり、中高一貫教育が採用されています。中高6年間を2年ごとのステージに分けることで、生徒の健全な成長を促していきます。

基礎

中学2年生までは基礎ステージです。基本的な生活や学習習慣を身につける段階といえます。正しい生活リズムを身につけ、他人を思いやる心を育む段階になります。

応用

中学3年生から高校1年生にかけてのステージです。ここでは自分を見つめ、公共の心を広めていく段階です。さらに、国際的視野で世界を捉えられるような教育も実施しています。

総合

高校2年生から3年生にかけてのステージになり、未来を見つめる段階です。社会にはばたくための準備期間で、この段階で希望する進路を見つけていきましょう。

まとめ

盈進学園は中高一貫校で、中高6年間を3つの段階に分けて、徐々に人間的な成長を促すような教育プログラムを採用しています。また、英語力の向上に力を入れており、語学力試験なども実施しているので、グローバルな世界で活躍できるような人材になりたければ、盈進学園への進学を検討してみるといいでしょう。

学校概要

学園名:学校法人 盈進学園 盈進中学高等学校

住所:〒720-8504 広島県福山市千田町千田487-4

電話番号:084-955-2333

代表者:鎌刈 拓也(理事長)

公式サイト:https://www.eishin.ed.jp/