神戸医療福祉大学で学生は何を学ぶ?口コミ評判も一緒に調査!

神戸医療福祉大学_授業風景 教育

大学は、高校を卒業して「まだ学びたい」「将来やりたいことがある」という生徒が通うものです。
しかし、最近では「やりたいことがないから」「就職するには大卒じゃないと厳しいから」という理由が大多数を占めているようにも思います。
今回紹介する神戸医療福祉大学には人間社会学部があり、”個性の伸展による人生練磨”という精神のもと、生涯を通した自己実現の達成を目指しています。
また、学科ごとに多くの資格取得を推奨しており、生徒の将来に現実的に寄り添った教育であることが分かります。

社会福祉士の需要は高まる一方。
困っている方に寄り添う仕事というイメージでしたが、更に良い暮らしをしたい、もっと幸福になりたいという人に対する自己実現のサポートをするなど、日々福祉の仕事も拡大、多様化してきています。
それほど福祉は、人々の生活に必要不可欠なものとなっているということが分かります。

それでは、神戸医療福祉大学の福祉に関するさまざまな学科について、口コミ評判も含め見ていきましょう!

神戸医療福祉大学とは?

神戸医療福祉大学は、兵庫県神崎郡にある私立大学です。
1973年創立で、学校法人姫路学院を設立し姫路学院女子短期大学を開学したことから始まりました。そうして2000年より改組転換して近畿福祉大学を開学し、2013年に現在の神戸医療福祉大学へ改称となりました。

神戸医療福祉大学の建学の精神

神戸医療福祉大学は、「個性の伸展による人生練磨」を掲げています。誰でも優れた個性を持っており、一人ひとりが個性を育てながら広い知識、深い専門性を伸ばしていくことで世界が要求する知識豊かな優れた人材を育成していくことが、神戸医療福祉大学の教育理念となっています。
神戸医療福祉大学が目指すのは、人の心を理解し受け入れることができ、ともに生きていく”こころの福祉”であるといいます。福祉を学んでいくには、洞察力と理解力が必要であると考えています。また、人の役に立ちたいといったような「人を愛する心」を持ち、福祉の学問と技術習得に努め、専門性を追求することで自身が持つ個性をさらに伸ばし育成することができるといいます。
そして、福祉の専門職を天職として活躍できる人材を広く、多く社会に送り出していきたいと考えています。

神戸医療福祉大学の学科

健康スポーツコミュニケーション学科

さまざまな人々の健康維持、推進に貢献できる、運動スポーツ指導のプロフェッショナルを目指す学科。中学校・高等学校の保健体育教諭にトップアスリートのトレーナーや障がい者スポーツ指導者まで、幅広い進路に対応するための専門的な勉強をしていきます。将来の夢に合わせ自分に合った履修モデルと科目を選択することができます。
推奨する資格としては、社会福祉士または、高等学校(中学校)保健体育の教諭一種免許状を中心に、学校図書館司書教諭やジュニアスポーツ指導員、スポーツプログラマーなど数多くあります。
就職先は、中学校や高等学校、フィットネスクラブ、病院、社会福祉施設、一般企業などになります。

社会福祉士学科

専門スキルと福祉マインドを持った、幅広く活躍できる生活サポートのスペシャリストを育成していきます。
入学後に、全体的に社会福祉学を学んでから自分に合った専攻を選択していきます。
社会福祉専攻、介護福祉専攻、こども福祉専攻、医療福祉専攻などさまざま。神戸医療福祉大学では、社会福祉学科が社会福祉士としての資格を取得するのはもちろん、将来の目的に合わせた資格取得という”ダブル資格取得”の推奨をしています。
また、福祉を幅広く学んだ人材として活躍が期待されており、就職先としては、高齢者施設、保健医療機関、障がい者施設、児童施設、地域福祉機関、地域行政機関、一般企業などが挙げられます。

経営福祉ビジネス学科

福祉と経営という両方の知識を身に付けた問題解決型の人材となるように、育成していきます。近年では福祉現場でも経営の知識や技術が求められており、逆に一般企業の中でも福祉課題に取り組むというところも増加しています。福祉と経営の双方から学んでいく意義は今後ますます大きくなっていくことが予測されます。一般企業はもちろん、福祉ビジネスの事業者、行政機関など選択肢が広がります。

神戸医療福祉大学に通う方の口コミ評判

【Aさん 女性】大学内に学生寮があるので地方の人は通いやすいと思います。
最寄り駅からもスクールバスが出ています!学生寮の周りは何も無いので買い物はバスで行くか、車がないと不便ですが、友達もいるのでとても楽しく過ごしています。授業も分かりやすくて楽しいです。ダブルライセンスで資格を目指す人にはオススメで実際そういう方が多いです。

【Bさん 男性】学生時代を振り返ってみると、授業の内容や時間もしっかりしていたので勉強する環境は整っていたし、就職のサポートが丁寧で安心できた。自分の興味を追求でき国家資格対策のためにも教員が親身に付き合ってくれた。

まとめ

神戸医療福祉大学は、生徒の将来のことをしっかり考えた教育を行っているということが分かりました。やはり不安定な世の中なので、ダブルの資格取得が手堅いですよね。
就職のサポートも手厚く、生徒は安心して学ぶことができるのではないでしょうか。

http://www.kinwu.ac.jp/