みんなで農家さんはどんな取り組みをしている?特徴や会社概要も調査しました!

コンサルティング

はじめに

みんなで農家さんとは、アグレボ農法によって、栽培可能地域を塗り替えようと取り組んでいるアグリバイオベンチャーです。日本の低い食料自給率を憂い、農業生産性を引き上げるための努力をし、現在その成果を出しつつあります。

今回は、みんなで農家さんで行われている取り組みの内容や、特徴、企業の評判などについて、調査しました。興味のある方は、どうぞチェックしてください。

みんなで農家さんの取り組み

みんなで農家さんでは、革新的農業技術と農法により、食糧の開発・生産・普及を目指しています。

農業を変えよう

植物には、それぞれに適した気候があり、人類は、それぞれの環境に合った植物を食糧や資材として栽培してきました。

食糧の生産は、「農業」という産業になり、出来得る限りの効率化を進められてきましたが、気候を大幅に克服する技術には限界があると言われてきました。みんなで農家さんでは、その常識を破ろうとしているのです。

例えば、熱帯植物の育成・栽培が温帯の日本国内で効率的にかつ安全な育成が可能となれば、農業という産業は大きく変化します。

植物の本来持っている順応性を最大限に生かせば、栽培可能地域を拡大できる、みんなで農家さんはそんな夢の技術を開発したのです。それが、アグレボ農法と呼ばれる技術です。

AGREVO(アグレボ)農法とは

アグレボ農法とは、革新的なバイオ技術を用いた肥料を与えることで、高機能な作物を栽培する方法です。ミネラルや酵素、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれた生きた微生物が存在する高品質の土壌作りによる残留農薬ゼロの栽培方法を実現する革新的な農業技術なのです。

土壌の生態系を修復し、作物の免疫力を強大化することにより、様々な健康的効果が期待できる高い品質の農作物が生産できます。このようにアグレボ農法は、農業に生産性の拡大に歴史的な転換点をもたらす革命的技術となるのです。

アグレボ農法による変革

アグレボ農法を用いることで、特に南国から輸入されている作物を、日本国内で栽培できるようになります。そして、この技術は「農業の復興」を実現させ、また人々の健康増進にも役立ってくれるのです。

戦前には高い食料自給率を保っていた日本ですが、戦後数十年の間に自給率はどんどんと下がり、今や食糧輸入国へと変貌してしまいました。日本の農業は衰退の一途をたどるばかりです。

日本の農業復興が実現すれば、耕作放棄地となっている田畑が再び活用され、そこで働く労働力が必要となります。それは、地方における雇用創出の機会となります。

農業が盛んになれば、食料自給率が上昇・改善し、今まで輸入に頼っていた多くの食料・食糧が自国で生産できるようになります。すると、長年の懸念である貿易赤字の解消にもつながります。

これらの経済的効果が大いに期待されるほか、健康リスクにつながる「遺伝子組み換え」や「ポストハーベスト」などの問題を解決に導く可能性をも秘めているのが、農業の復興なのです。

農業立国への道

水不足の懸念が少ない日本は、世界的に見ても農業に適した土地柄です。農業改革によっては世界有数の農産地になる可能性も十分あります。

温暖化による既存作物の収穫量減少という問題はありますが、アグレボ農法による熱帯植物への転作を進めれば、マーケットは世界に広がるのです。

植物の遺伝子を覚醒させると

  1. 成長スピードが倍増する
  2. 南国のフルーツや植物を日本で生産できるようになる
  3. 収穫量が増大する
  4. 遺伝子情報の変化で新たな成分が発言し、食物の品質が格段に向上する

このような農作物栽培が向上することにより、日本の農業生産性が何十倍にも引き上げられることで、儲かる農業が実現し、農業立国・日本が現実のものとなるのです。

みんなで農家さん ラインナップ

みんなで農家さんでは、このような先進農法により、高品質な作物を安定的に供給し、取り扱い作物を拡充しています。

無農薬バナナ
品種 無農薬バナナ(グロスミッチェル種)
ロット 200株~  必要面積:10a程度~
植付時期 年中
収穫サイクル 5回/3年

無農薬コーヒー
品種 無農薬コーヒー(ティピカ種)
ロット 200株~  必要面積:10a程度~
植付時期 年中
収穫サイクル 2回/年以上

無農薬鉢植えシリーズ

みんなで農家さんでは、安全で安心な南国フルーツの普及を目指すべく、一般家庭で鉢栽培収穫が可能な品種の開発を進めています。今後一層の品種改良を重ね、「鉢栽培収穫 無農薬バナナ種」などの販売を開始する予定です。

全国でお待ちいただいているトロピカルフルーツ愛好家の方々のご予約注文をいただき、量産化が可能な時点での販売を予定し、現在予約を受け付け中です。

【予約詳細】
・予約金必要なし
・納期確定後、予約希望者へ連絡、正式購入手続きに移る
・販売価格は生産量で原価変動するため、予約集約後に追って価格通知

まとめ

今回は、みんなで農家さんについて調査しました。

みんなで農家さんは、自然科学に基づいた先進的な農業を進めることで、食品革命を起こそうとしています。人体の治癒力・自己治癒能力・免疫力を向上させる農作物を生産する農業の普及を目指しています。

植物本来の力を生かし、農作物の収穫を増大させることに取り組んでいるみんなで農家さんは、世界的に食糧危機を迎える恐れのある現在において、注目しておきたい企業の1つです。

みんなで農家さん 会社概要

会社名 一般社団法人みんなで農家さん
本店所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町五丁目3番地 第7秋山ビルディング5階
電話 03-6388-6703
FAX 03-5725-2076
Email info@agrevo.info
代表理事 柳瀬健一
設立 平成23年12月5日
公式サイト https://minnadenoukasan.life/greeting/