災害発生時に公正に災害額を算出!三和鑑定事務所の口コミ評判とは?

鑑定_イメージ サービス

はじめに

地震や台風、火災など思わぬ災害で被害に遭ったときの保険に、皆さんは入っていますか?
いざという時に役に立つのは、やっぱり保険ですよね。我が家も自宅で火災が発生したとき、金銭面で大きく助けられたので心の底から火災保険に入っておいて良かったなと思いました。

当時はよく考えたことがありませんでしたが、保険会社の方が実際に被害状況を見に来たわけではなく、専門の方々がいらっしゃるんですよね。
今回は、そんな災害被害の家屋や財産などを見て”どの程度の被害なのか”を算出してくれる会社に注目してみました。

ここでは、中立で公正な立場を徹底している株式会社三和鑑定事務所についてお話していこうと思います。
会社概要、サービス内容のほか、口コミ評判も合わせて見ていきましょう!

三和鑑定事務所とは?

三和鑑定事務所の本社は大阪市中央区今橋にあり、損害保険分野における財物の損害鑑定を行っています。藤原昌明氏が代表を務めています。
三和鑑定事務所は、保険の対象となる財物の評価鑑定やその他損害保険に関するアドバイスやサポート全般を事業としており、1975年に設立されました。

主な業務としては、損害保険会社や被害に遭われた方々など、双方にとって中立な立場で構成に損害額を算出しています。

三和鑑定事務所の会社概要は?

名称株式会社三和鑑定事務所
所在地<本社>
〒541-0042 大阪市中央区今橋2-5-8 トレードピア淀屋橋3F
<東京本部>〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル14F
業務内容損害保険分野における財物の損害鑑定。保険の対象となる財物の評価鑑定。その他損害保険に関するアドバイス・サポート全般
創業1942年(昭和17年)
設立1975年(昭和50年)
資本金10,000,000円
公式サイト https://www.sanwakantei.co.jp/

三和鑑定事務所の社訓は?

三和鑑定事務所は、以下の社訓を設けています。

(1)常に範となる社会人であれ
(2)鑑定プロフェッショナルとして人格を磨き、知識と技能の向上に精進せよ
(3)不正には勇気を持って立ち向かえ
(4)冷静沈着な応対を旨とせよ
(5)社内外を問わず全ての他人(ひと)を尊重せよ

三和鑑定事務所の事業は?

<損害鑑定業務>
事故が生じた状況や原因、損傷状況、損害額などの迅速な調査など、鑑定を通して事故からの復旧復興をサポートしています。火災や落雷、爆発、水漏れに盗難といった、日々起こりうる様々な事故について、損害保険会社から鑑定を委託されます。

<評価鑑定業務>
商業施設、製造工場、化学プラント、神社や仏閣など幅広く保険対象物の価格評価を行い、企業のリスク管理をサポートしています。
評価鑑定額に基づいて適正な保険金額が設定されていきます。

<大規模自然災害業務>
台風に洪水、地震などの大規模自然災害が起きた際に、被災地まで鑑定人を急行させ迅速な保険金支払いを通し、民生復興をサポートしています。
例えば、集中豪雨による浸水損害、強風や竜巻による建物の損害、大雪などの家屋の損害、火山の噴火災害、大規模地震災害などがあたります。

三和鑑定事務所の鑑定人について

専門知識と資格が必要とされる鑑定人。正式名称は「損害保険登録鑑定人」といい、一般社団法人日本損害保険協会が実施する保険知識、建築、電気、機械、簿記会計など鑑定士としての業務を行ううえで必要となる専門知識や一般常識試験に合格し、同協会に登録された鑑定人のことを指します。技能ランクは、1~3級に分かれており、そのランクのほか、建築士、建築積算士、土木施工管理技士、ボイラー技師など一定の公的資格取得による専門鑑定人制度も存在します。

三和鑑定事務所における実際の鑑定業務では、鑑定人試験に合格せずとも行うことはできますが、保険会社が鑑定業務を委託する際に、鑑定人試験に合格しているかどうかを目安にしているため、鑑定人試験に合格し損保協会に登録したうえで鑑定業務を行っている場合が多いのです。

三和鑑定事務所の口コミ評判

三和鑑定事務所で実際に働いた方の口コミ評判をまとめてみました。

(20代男性)年収や給与に関し、年功序列ではなくある程度実力主義で仕事を頑張った分だけボーナスに反映されるので、若い社員もモチベーションを保つことができて嬉しい。

(20代男性)2020年ごろからフレックスタイムを導入しているため、自分の時間で出社・退勤できるのが嬉しい。

まとめ

ここまで三和鑑定事務所について調査してきましたが、いかがでしたか?
事業内容をよく調べていくと、世の中にこういう仕事もあったのかと大変驚きましたね。保険会社から委託を受け、被害に遭った方との双方にとって中立な立場でジャッジする…まさにプロフェッショナルです。
実際に働いた方の口コミも調査しましたが、フレックスタイムも導入されており、年収も自分の頑張りによって左右されるならば、やる気がでますよね。現代の若者が働きやすい環境が整っているのではないでしょうか。
興味がある方は調べてみてくださいね。