スチュアートギブソン氏が務めるESRとは?

商品

スチュアートギブソン氏が代表を務めるESR。
スチュアートギブソン氏はどのような人物なのかまたESRとはどのような企業なのか調査してみました。

スチュアートギブソン氏とは

英国スコットランド出身。
ESRのエグゼクティブ・ディレクター、ESR共同創設者、共同CEOを務めているレッドウッド・グループの共同最高経営責任者として、ESR全体の業務および事業開発を監督・指揮しています。
不動産開発および不動産投資の経験はアジアで24年以上、内、日本の産業用不動産分野で15年。
プロロジスの日本における代表者、AMBプロパティジャパン(現:プロロジス)のアドバイザリー委員会委員長、AMBブラックパイン(AMBプロパティジャパンの前身)の共同設立発起人かつ共同CEOを歴任しています。

スチュアートギブソン氏が経営するESR

ESRとは、APACに特化した物流不動産のリーディングカンパニー

ラニーディゾンは25年以上にわたって起業家、健康、ウェルネス、そして個人の成長分野で人々の支援に尽力してきた人物です。
ラニーディゾンは20歳までに12万人ものコーポレートネットワークを築き上げ、25歳までにラニーディゾンにとって初めてのグローバル企業を立ち上げました。
さらにグローバルビューティーやウェルネスラインという女性団体のほか、他の企業を創設。

ラニーディゾンは、ブランド戦略やマーケテイング、製品開発、コンサルティングやライフコーチングのノウハウも持つ実力派の経営者です。

事業内容

アジア太平洋地域(APAC)に特化した物流不動産の不動産所有、開発、管理会社。物流施設に特化した不動産ファンドの組成・運営も行っています。

ESRの総合的ビジネスプラットフォーム

ESRはAPACに特化した戦略軸に数多くの実績を積み重ねています。

投資
ポートフォリオにはERSが開発した先進的物流施設、ファンドや投資商品と共同出資した物流施設、上場REITや第三者からの投資対象となる物流施設があります。

ファンド運用
投資家へ多角的に投資価値のある物流施設のポートフォリオへの投資機会を提供をしています。

開発
ESRの分析調査から土地取得、物流施設の企画開発、リーシング、施設運営、アセットマネジメントまで一貫した総合力で、物流適地に高品質で先進的、かつ環境と働く人にも配慮し、持続可能な物流施設を開発し、より良いサービスと付加価値をつけています。

ESRの強み

ESRはアジア太平洋地域(APAC)に特化した物流不動産のリーディングカンパニーとして、お客さんの高いニーズにお応えできるように高品質で先進的な物流施設とソリューションを提供し、長期的に強固な関係を築いています。APACに張り巡らせたネットワークにより、お客さんのビジネスをサポートできるのもESRの強みだと思います。

ESRのお客さんにはEコマース、3PL、小売、メーカー、コールドチェーン物流など有数のグローバル企業と各国の主力企業が多数含まれています。業種は、電化製品、一般消費財、小売、飲食料品、物流サービス、自動車、部品、医薬品、医療機器、機械など多岐に渡ります。

ERCの最大の資産は人材

ESRでは、人材が最大の資産であり、ESRの長期的な成長・発展に不可欠な存在と考えているそうです。
またESRには、物流不動産および産業用不動産業界のスペシャリストが集まっておりー多様な文化、多くの専門的な知識とスキル、様々な価値観や経歴をもつ人材が集まり、優れた成果と価値の創造のために努力を尽くしているそうです。
ESRは従業員一人ひとりが人間としてもプロフェッショナルとしても学び成長できるよう、支援と人材登用・配置を行っており、ESRのチームは社内外の研修プログラムに加え、グループ内で部門や市場を超えて協力する体制を通じて多様な個が活躍する強いチーム作りを目指しています。

まとめ

今回、ESRとスチュアートギブソン氏について調査してきました。
スチュアートギブソン氏の信頼と実績はもちろんのこと、ESRとしての実績と信頼も高くますます企業として成長していくと感じます。
また、ESRで働いている従業員一人ひとりがプロフェショナルとして活躍しているため、信頼が高くまた実績も出し続けていると感じました。