泉佐野市の信頼の医療はここ!たかやまクリニックについて口コミ評判と高山東春さんについても調査!

高山東春 医療機関

はじめに

超高齢化社会になりつつある日本。地域医療のあり方も少しずつ変化していると感じています。
現在、病院へ救急搬送される方・病院へ入院している方のうち60%以上もの人が70歳以上の高齢者なのだとか。
地域に密接し患者さんに寄り添うということを大切にしたクリニックや病院も少なくありません。こうした意識によって医学の進歩となり治療も大きく発展していったのではないでしょうか。

では、地域生活を支える医療とはどういったことが重要となってくるのでしょう。

今回紹介する大阪府泉佐野市にある医療法人秀和会たかやまクリニックは、高山東春さんが院長を務めています。
そんなたかやまクリニックについて、高山東春(タカヤマモトハル)院長と口コミ評判を一緒に調査してみました。

参考になったら嬉しいです!

医療法人秀和会 たかやまクリニックについて

たかやまクリニックは、高山東春さんが院長を務めている脳神経外科・内科・人工透析・腎臓内科に特化したクリニックです。
平成26年5月に開設されてから、大阪府泉佐野市の地域の方々に愛され続けて7年目に突入します。
院長の高山東春さんとその実の弟であり、福井院長の高山東仁(タカヤマヒデヒト)さんが共に経営をしています。

高山東春さんがこれまで培ってきた幅広い経験と深い知識、そして関連病院とのネットワークを活かして、地域の方々に密接に寄り添った信頼のおける治療を心掛けているのがたかやまクリニックなのです。

たかやまクリニック医院概要は?

たかやまクリニックには、透析学会において認定を受けた専門医が在籍しています。

Wi-Fi完備で快適に

Wi-Fiを完備しているため、たかやまクリニックでは自由にインターネットを利用することが可能です。スマホやタブレット、パソコンなどを持参し透析中にお仕事や動画鑑賞をする方も多いとか。

スピーディーな胸部撮影対応

透析後に行うレントゲン写真は待ち時間いらず。CTも同じく迅速な撮影が可能となっているそうです。

自動血圧計

安全確保のために、マンシェット透析中の自動血圧計は常時巻いたままとなっています。血圧低下の時は自動で除水は0、QB80になるためそれ以上の血圧低下防ぐことに繋がります。
手動血圧の場合ですと患者さんが寝ているのを起こしてしまいます。また、血圧低下時はアラームで圧測定間隔を短くしますが、人的ミスによってアラームを消去し業務に戻る場合も考えられます。そういった事態にならないためにも、たかやまクリニックでは自動血圧計を導入しているのです。

透析

透析やオンライン透析などは他の施設となんら変わりなく行っています。

旅行透析

1日限りの透析も対応しているたかやまクリニック。旅行やビジネスにて透析を希望されている方にピッタリです。アクセスも良く、関西空港まで急行にて直結しているため便利です。ちなみに泉佐野駅より2駅ほどで関西空港となります。

超音波診断装置

透析医療においてブラッドアクセス(シャント)を正確に穿刺することは重要です。超音波診断装置を導入することによりトラブルを回避でき、エコー下での穿刺により確実な留置ができるのだとか。

その他

・指定自立支援医療機関(精神通院医療、更生医療、育成医療)
・難病指定医療機関
・労災保険指定医療機関
・自賠責保険
・生活保護指定病院
・公害医療指定医療機関

また、たかやまクリニックは国際頭痛学会より2013年に、Headache Masterとして認定されました。

たかやまクリニックの口コミ評判

たかやまクリニックに通ったことのある方の口コミをまとめました。

(男性60代)
透析でお世話になっていますが、スタッフ皆様優しくて居心地が良いです。通うこと自体は面倒ですが苦ではないのはスタッフの方のおかげだと思います。先生とも距離が近いので何でも相談することができます。

(女性20代)
ずっと偏頭痛に悩まされていました。大きな病気が隠れていないかが不安だったんですが・・・たかやまクリニックで診てもらってから原因など教えていただきうまく偏頭痛と付き合えるようになりました。

まとめ

以上が、たかやまクリニックの院長を務める高山東春さんと口コミ評判についてのまとめでした。たかやまクリニックは地域に根付いた医療として地域の方々に深く愛されているということがわかりました。
また、透析は1日のみ(旅行透析)なんかもあるんですね。知りませんでした。こうした困っている患者の痒い所に手が届くような医療がもっと広まれば良いですね。

たかやまクリニック公式サイト