東京エコサービスの循環型社会に貢献する取り組みがスゴイ!口コミ評判も調査!

サービス

はじめに

ここ数年で、環境問題に対する意識も変わりつつあるのではないでしょうか。
レジ袋の有料化や、エコカー、太陽光発電、22年よりプラスチック製スプーンやフォークなどの有料化も検討されることとなりました。
環境問題に協力できることはしていきたいと思いますし、いつまでも豊かな地球で生きていきたいですよね。しかし、私たちが出している”ゴミ”がどのようにして処分されているのかをご存じですか?
ゴミは、焼却されたり埋立て処分されているのですが、それにはもちろん多くの資源を必要としますし、焼却となればCO2も排出してしまいます。
今回は、東京エコサービスの循環型社会の実現に向けた様々な取り組みを、紹介していこうと思います!口コミ評判も一緒にご覧ください!

東京エコサービスとは?

東京エコサービスは、「街に、地球に、やさしい会社」を目指し、平成18年に設立されました。東京二十三区清掃一部事務組合と東京ガス株式会社の共同出資により誕生し、清掃工場の効率的な運営と余剰電力の販売を行っています。
循環型社会の構築が求められている今、生活で発生するゴミを安全・安定的に処理すること、そして、それらを再利用・再資源化することが課題として挙げられます。
こうした課題をクリアするには、最新の技術水準のプラント設備、その力を最大限に活用する技術力が必要不可欠となっています。東京エコサービスでは、豊富な経験と高い知識をもつプロ集団として、清掃工場の運転管理受託などを事業として展開しています。清掃工場では、ごみの焼却時に出る熱エネルギーを利用し発電をしているのですが、この電気を地域の公共施設などに直接供給し、サーマルリサイクルエネルギーの有効活用を実現するとともに化石燃料を代替することができます。世界的にみても、エネルギー需要関係の変動、グローバル経済の進展、国内のエネルギー自由化に加えて少子高齢化の進行など・・・社会の経済状況は混沌としています。
東京エコサービスでは、「地域で生まれた資源を地域に還元する」という理念を掲げ、循環型エネルギー社会に適応した新たなビジネスモデルを模索しながら社会を支えていきたいと考えています。

東京エコサービスの事業は?

<清掃工場の運転管理>
運転管理業務を受託した清掃工場に管理事務所を置いています。社員が常駐することで清掃工場のスムーズな運営管理を行っています。円滑な向上運営のため、いくつかの班が置かれています。

・運転斑 焼却炉の燃焼管理、敷地内の点検、設備管理
・業務斑 ごみ搬入車両の受付、構内道路、植栽の管理
・保全斑 工事積算・施工管理や長期的な維持保全計画、トラブル対応
・技術斑 管理運営計画の作成や管理、公害防止対策、見学者対応、工場だよりの編纂
・施設斑 運転計画全般、施設の保守管理

<技術支援>
様々なごみ焼却プラントの運転管理、維持管理などの業務を行い、ごみ処理施設のエキスパートとして知識や経験を培ってきた東京エコサービス。建設から運転や補修まで広くごみの中間処理に携わった経験を基に、ごみ処理施設の運営や維持管理に関連する技術支援を行っています。

また、施設整備事業に関連する技術支援としては、用地選定などの住民合意形成、循環型社会形成推進地域計画、ごみ処理施設整備基本構想、PFI等導入可能性調査なども行います。

<焼却灰資源化>
これまで、東京23区内で発生したごみの焼却灰は、中央防波堤外側埋立処分場などで埋め立てを行っていましたが、埋立処分場にも限りがあり、新たに埋め立て処分場を作ることは困難です。焼却灰を溶隔処理し、溶隔スラグなどとして資源化を進めていましたが、エネルギーの大量な使用やCO2の排出などの課題があり、平成22年に見直しとなりました。そこで誕生したのが、焼却灰のセメント原料化でした。着々と資源化は拡大、最終的に焼却灰の利用料は23区内の焼却灰のほぼ半分にまでなる計画です。

<新電力>
清掃工場より調達している電気はごみの、焼却時に発生する熱で蒸気をつくり蒸気タービンを回して発電されたものです。清掃工場では発電した電気を所内で利用しているが、余剰となった電力を東京エコサービスが調達し小売電気事業者として地元の公共施設や東京に住む方々に使用してもらっています。

東京エコサービスの口コミ評判は?

実際に働いた方の口コミ評判をまとめました。

勤続3年目以降から退職金が支給されます。福利厚生は、住宅手当があり結婚の有無で額が変化し、資格手当は取得資格によって千円~一万千円の上限で毎月支給されます。入社とともに2級ボイラーとクレーンの資格を取るので毎月最低5千円は支給されます。(30代男性)

行政と東京ガスが出資会社なので資本がしっかりしています。教育制度も充実しており、様々なことを学ぶことができます。(30代男性)

ボイラー技士や危険物取扱など業務に必要な資格取得に関しては会社が全額負担してくれますし、会社サポートのもとで国家資格を取得できることは嬉しいです。資格手当もありますし。(20代女性)

まとめ

ここまで、東京エコサービス株式会社についてまとめてきましたが、いかがでしたか?完全なる循環型社会の実現はまだまだ先になりそうですが、ごみの分別や、ごみの排出を減らしながら協力していきたいですね。

東京エコサービス 会社概要

会社名:東京エコサービス
所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町1-10-17 KOYO BUILDING 2F 3F
設立:平成18年10月24日
代表:佐藤良美
公式サイト:http://www.tokyoecoservice.co.jp/