株式会社ベクトルの口コミ評判などを調査!

IT

コロナ禍で外出自粛になって、1週間の出社日数が減っている会社あるし、セミナーとか展示会も減って、これから経済、どうなっちゃうのかな?とか心配になっています。
そもそも外出できないと、店でどんなものが売っているのかとか、何が流行っているのか、とかわからなくなってくるんだよね。
仕事的にもそう。

どこのメーカーからどんなものが出ているか?とかわからなくて、正直、困ります。
っていうか実はうちの会社もそうなんだよね。
新商品出すんだけれど、どうやっていろんな人に知ってもらったらいいか・・・。
広告とかどうやったらいいのか、記事とかどうやって書いてもらったらいいのか、とか。

で、多分、広告とか宣伝とかPRとか広報とかそういうキーワードで調べたらいいんじゃないかって思って、調べてみました。
PRだと株式会社ベクトルって会社が最大手らしいです。
日本で1位、全世界で16位になっている会社らしい。
ベクトルって会社はPRに関する関連会社もたくさんあるらしく、ここに任せれば一気に全部やってもらえるんだろうか?

ネットで口コミとか評判なんかを調べたら、もう少しわかるかなって思いました。
集めた口コミとか共有しますね!

株式会社ベクトルについて

株式会社ベクトルは戦略的PRやソーシャルメディア、ITを活用した広報などの次世代型のマーケティングメソッドを提供する総合PR会社で、国内最大手企業だそうです。
ベクトルグループが設立されたのは1993年で、1998年にPR事業を開始。2014年には東証一部に上場しています。

総合PR会社といっても一体どんな業務があるかわからなかったんで調べてみました。
「PR業務代行・コンサルティング」「ブランディング業務」「IRコミュニケーション」「キャスティング」「リスクマネジメント業務」「マーケティングリサーチ業務」「イベントの企画・実施」「SNSコミュニケーション」「マーケティング」が主な業務なんだそうです。
PRっていうのは商品とかサービスが新聞・雑誌、ラジオ、テレビ、それにインターネット媒体にニュースとして報道されたり、様々な企画やコンテンツを使ったアプローチを使ったりするマーケティング手法ですよね。

ベクトルはそういう既存のテレビとか新聞とか雑誌とかに商品とかサービスの情報を紹介してもらうように働きかけるだけでなく、インターネットを使ったウエブマーケティングとか、PRイベントを制作したりとか、動画コンテンツ作ったりとか、そういうところもベクトルのグループ会社がやっているので、色々な手段を組み合わせて、効果的なPRができるらしいです。
全部お任せできるってのがいいですね。

たくさんのグループ会社があるっていうんだけれど、いったいどんな人が経営しているんだろう?と思って、さらに調べてみました!

ベクトルの社長、長谷川創さん

株式会社ベクトルの社長は長谷川創さんという方です。
「創」と書いて「はじめ」と読みます。
長谷川さんは関西学院大学在学中だった1993年、現在はベクトルの会長になっている西江肇司さんたちと一緒にベクトルを立ち上げたメンバーの一人だったそうです。

長谷川社長はその後、関西学院大学を卒業して、1995年、郵政省に入省したんですが、1997年、ベクトルに再入社して、2020年5月27日、社長に就任されたとニュースサイトに出ていました。
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/200424/bsh2004240500004-n1.htm

社長に就任するまで、長谷川さんは中国をはじめとする海外拠点の設立や複数の新規事業立ち上げなど、ベクトルグループ全体における成長戦略の遂行とか管理を担当されていました。
中国には2011年から2014年まで滞在していて、中国企業が日本よりも先にインフルエンサー・マーケティングっていうのをやっているのをみて、中国のデジタルを使ったプロモーションやPRのノウハウを吸収してきたとインタビューで語っています。

2011年の中国滞在時に驚いたのは、中国企業は当時からすでに通常のニュースリリースという活動はPRのメインではなく、既にインフルエンサー・マーケティングに着手していました。日本でインフルエンサーが立ち上がってきたのは2013年ですから、2年先に進んでいたことになります。
「デジタル領域でのPR」という意味では、中国をウォッチすることをPR担当者にはお勧めします。かなり上手な施策を投じていますので、参考になることも多いと思います。

https://liskul.com/interview-vevtor-32871

ベクトルの長谷川さんはすごい人なんですね。
うちの会社の社長、長谷川さんとそんなに年齢ちがわないんだけれど・・・。
あんまりすごいと思ったことないんです。ごめんなさい、社長!

株式会社ベクトルの就職難易度

ベクトルは東証1部上場の国内トップ、世界でもベスト20に入るPR会社です。
そういうすごい企業だから、新卒、中途採用、どちらも簡単ではないと思います。

うちの会社だったらそんなに難しくなく入れると思うんだけれどなあ。
でもうちに来るより、ベクトルの方がかっこいい仕事できそう!

去年は新卒者で企業、官公庁、自治体、NPOとかにPRを提案する「PRコンサルタント」とかを募集していました。
既卒者では「PRコンサルタント」とか、ウエブデザイナーとか戦略推進部のプロジェクトマネージャー職とかを募集しているみたいです。
でも就職するにどれだけ難しいのとか、発表されていないから、よくわかりませんでした。

株式会社ベクトルでインターン?

ベクトルではインターンもあるようです。
「ワンデー仕事体験」というもので、・プレゼンテーション「PRとは、PR会社の仕事とは」とか、グループワークで「戦略PR企画グループワーク」という過去に実施された戦略PR事例を題材にしたグループワークが実施されるそうです。
申し込んだら誰でもインターンできるってことはなくて、選考があるというから・・・やっぱり人気企業なんだろうなと。

株式会社ベクトルの口コミ・評判

ますます興味が出てきたので、口コミも調べてみることにしました。
ベクトルの社員の方々の感想が紹介されていました。

実際に入社2年目で海外での大型イベントの仕切りを任せて頂けたり、現在は新規事業の責任者を任せて頂いたりと、挑戦したい人にはどんどん任せて頂ける環境が整っている会社です。

https://job.rikunabi.com/2021/company/r223010061/senior/K113/

会社自体が若く、社員の平均年齢も若いですね。そのためか元気があって、チャレンジ精神も旺盛な会社。豊富なアイデアが社内にあふれていると、日々実感じます。

https://job.rikunabi.com/2021/company/r223010061/senior/K107/

我々の仕事は一つの案件であっても、クライアントの関係各所の担当者はもちろん、様々な協力者と関わりながら小同じ目的に向かって走ります。時には大いに怒られたり、喧嘩をしたりもします。ただ真摯に目的に向かって進めた分だけ、それを認めてくれる人たちも出てきます。どこまでいっても人対人。そんなことが日々感じられるから、私はこの仕事が好きです。

https://job.rikunabi.com/2021/company/r223010061/senior/K121/

ベンチャー精神に溢れる社員が多く、気づいたことややりたいことがあれば手を上げ、それをやらせてもらえ、挑戦する人にはチャンスをくれる社風があります。右肩上がりで成長を続けるPR業界で、自分自身も常に成長し続けられる環境に身を置け、とても刺激的な毎日です。

https://job.rikunabi.com/2021/company/r223010061/senior/K118/

若い社員が、絶対的な正解のない仕事に対し大きな裁量権を持って、責任感を持って仕事をしている姿に魅力を感じました。こうした、企業文化は活かされつつも、会社組織としても成熟してきている今のベクトルの環境は理想的だと思っています。

https://job.rikunabi.com/2021/company/r223010061/senior/K120/

こうして口コミを見ると、ベクトルってすごい会社だし、若い人たちがいきいきと活躍する会社なんだってことがわかりました。

こういう会社にお仕事をお任せするのもいいんじゃないかって思います。
社長の長谷川さんがすごい人のようですし、社員の方々も口コミを見ると、とっても仕事ができそうな感じの人が多いようですしね。

うちの会社でも若い人にチャンスあげないといけないな!

まとめ

そもそも、うちの会社の新製品をいろいろな人に知ってもらうためになんか方法ないかなって思って、調べてみたらPR会社にお願いするのが良いかも、と思って、さらに調べてみて、株式会社ベクトルとか社長の長谷川さんとかを知りました。
ベクトルの長谷川さん、他のインタビューとか対談でも色々と話しているみたいだから、もうちょっと読んでみようかなと思います!